看護師の働き方で信頼を得る

東京都在住の30代女性
救急・心臓外科・循環器内科・総合診療科の混合病棟1年、HCU1年、救命救急2年、脳神経外科1年、SCU2年

はじめまして。
現場での看護師歴9年経験して、2年半企業で働きました。
病院でしか働いていなかった時には、そういうものかと思っていましたが、
企業で働くようになって、病院という世界は異常な部分があると気づいたことが諸々あります。

冷たい態度やセクハラ、看護師が働く世界は予想以上に厳しい

一緒に働いているのに、その中で優劣がついて、下の人たちに冷たく当たることがとても嫌でした。
また、看護師と助手さんだと、年上なのに助手さんより上から目線で蔑んだ態度をとっていて見てられませんでした。
誰かが妊娠したり、家族が危篤になったり、自分が病気になった時に気軽に休めないばかりか、
平社員だけでなく師長さえも、休む人に冷たい言葉や態度をしていました。
上司は女性がほとんどだったのと、男性の看護師はほぼ女性のような感覚だったので
看護師からのセクハラは感じたことはありませんが、医師からのセクハラは日常茶飯事でした。
太った・痩せたなどは挨拶程度のようなものだったり、
お尻を触られたり、人が恥ずかしがることを楽しんでいるような医師がいました。

同期へ悩みを打ち明ける

同期の仲間は辛い思いを打ち明けることができる貴重な存在でした。
家族や彼氏など、ある程度のことは話せることは話せますが、医療業界は一般の社会と全く違くて、わかってもらえないことも多いので、同じ職場の同期と話すのが一番気が楽になりました。

看護師として馬鹿にされない働き方をすること

看護師として働きやすい人間関係を得るためには、一番は看護師としての働き方で信頼を得ることだと思います。
看護師としてしっかり働けない人は、ばかにされる原因になります。
また、感情に流れやすい職場でありますが、その中でも正しい判断力を持っている人もたくさんいるため、そういう人たちと仲良くなっておくと感情的なトラブルが起こっても、迷惑を被ることは少ないと思います。
感情的な人たちと関わっていると、看護師としての働き方にも医師からの信頼も得にくいような感じがします。

▲ページトップに戻る